介護保険制度カテゴリの記事一覧

介護保険制度改正

聞き覚えはあるけれど、介護保険の仕組みとはどうなっているのでしょうか。
基本的には40歳以上の人は全員加入となっています。
これから来る、高齢化社会を考えても、これは支払いの義務があっても、当然かと思います。
そして、介護が必要になったときで、原則65歳以上の人を対象に、支給されることになります。
介護保険をいづれは受けることになるかもしれないので、加入は仕方がなく、必要なことだと思うのですが、いざ介護保険を受ける立場になったとき、それなりの支給はされるのかが疑問です。
2006年の介護保険制度の改正により、直接的な介護をせず「支援」というかたちで、収めることが多くなったと聞きます。
今までは介護保険で施設などへ入れたところも、支援のみという判断が下されることが増えたようなんです。

高齢者が増えるので仕方ないのか、でも少し不安を感じるなぁと思います。

続きを読む

介護保険制度

介護保険といっても、どんなことを言うのでしょう。
もちろん、これからの高齢化社会のために必要な制度なのかな、くらいは思いつくのですが、どんなことをさして介護保険と呼ぶのでしょうか。

介護保険とは、それぞれの市区町村で管理されているようです。
それぞれの自治体で調べていくと分かりやすいかもしれませんね。
基本的なことは決まっていて、40歳以上の人が(40歳以上の国民全員ですね)強制的に(言葉は悪いですが、全員というところで、そうなりますよね)運営している公的社会保険制度のことなんです。
公的・・・ここがポイントでしょうか。
勝手に始めたりやめたりするのではなく、国が決めていることなんですよね。
もちろん、この介護保険は、ゆくゆく自分に少なからずかえってくるわけですが。
その自分自身が介護を必要とするときに、その時のために協力している仕組みといったほうがいいかもしれませんね。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。