自宅で介護用具

介護保険制度の改正などにより、介護保険そのものが、介護保険というものを考える機会が増えてきました。
介護される方の不安や、介護する立場の人の不安など、まだまだ、介護に対する重い不安は残されているかもしれません。
いつ介護が必要になるのか、いつ介護をする立場になるのか分かりませんが、どんな風に対処するべきなのかは、少しずつ探っておくのも、これからは必要になると思います。
介護保険制度の改正や介護保険料率のアップなど、ニュースで流れてくるものは、比較的、知っているかな・と思うところもありますが、介護保険や介護は深いですよね。
人任せ的な感じにもなれませんし。
自分がその立場になるのが、いつごろなのかも検討も付きません。

今は、介護サービスが充実してきて、その手の施設関係はいろいろあるんだなと、施設に関しては詳しい方もいるかもしれないですね。
テレビコマーシャルでも、よく見かけるようになりました。

清潔そうで、親切そうで安心感はあります。
しかし、その施設に入るのを拒む方もいると思います。
なんらかの理由で、入ることが出来ない場合もあると思うのです。
自宅介護になった場合の介護保険の補助は?と思いますよね。
自宅で介護する場合、介護する人の負担を少しでも減らすため、介護される人の不安を取り除くため、用具などに介護保険が適用される場合もあります。

よく知られているところでは、車椅子などもそうです。
車椅子に付随するものや、手すり・スロープなども該当するようです。
あと、杖などもそのうちの1つです。歩行を補助するには必要ですもんね。
まだ、歩行が介護付きで可能な方なら、杖も該当しますが、寝たきりなどになった場合は、床ずれ防止の用具などもあります。
これは、国が定めた用具になるので、介護保険に該当する用具を調べてみるといいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53912698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。