介護保険の手続き

イメージで言ってしまうと、介護保険とは国で行っている業務なのかな?と思いました。
それは間違っていないのかもしれませんが、現実で行っているのは、それぞれにお住まいの市町村で取り扱っているようです。
そのため、居住地が違うと制度の中身にも、じゃっかんの違いが出てくるみたいです。
もし、必要となった場合は、ご自分の市区町村へ出向いて、直接話しを聞いたり、申込用紙があれば、それをもらってきたりするのが早いようです。
直接、市区町村へ出向いて話しを聞くことができれば、難しい記入などもわかりやすくなると思います。
それぞれの市区町村で呼び名も違うようですが、福祉課や介護保険かなどの部類でたずねれば教えてくれると思います。

介護が必要な人ももちろんですが、これから介護を必要としている人が、家族の中にいる方も勉強になるかもしれないですね。

続きを読む

介護保険制度改正

聞き覚えはあるけれど、介護保険の仕組みとはどうなっているのでしょうか。
基本的には40歳以上の人は全員加入となっています。
これから来る、高齢化社会を考えても、これは支払いの義務があっても、当然かと思います。
そして、介護が必要になったときで、原則65歳以上の人を対象に、支給されることになります。
介護保険をいづれは受けることになるかもしれないので、加入は仕方がなく、必要なことだと思うのですが、いざ介護保険を受ける立場になったとき、それなりの支給はされるのかが疑問です。
2006年の介護保険制度の改正により、直接的な介護をせず「支援」というかたちで、収めることが多くなったと聞きます。
今までは介護保険で施設などへ入れたところも、支援のみという判断が下されることが増えたようなんです。

高齢者が増えるので仕方ないのか、でも少し不安を感じるなぁと思います。

続きを読む

自宅で介護用具

介護保険制度の改正などにより、介護保険そのものが、介護保険というものを考える機会が増えてきました。
介護される方の不安や、介護する立場の人の不安など、まだまだ、介護に対する重い不安は残されているかもしれません。
いつ介護が必要になるのか、いつ介護をする立場になるのか分かりませんが、どんな風に対処するべきなのかは、少しずつ探っておくのも、これからは必要になると思います。
介護保険制度の改正や介護保険料率のアップなど、ニュースで流れてくるものは、比較的、知っているかな・と思うところもありますが、介護保険や介護は深いですよね。
人任せ的な感じにもなれませんし。
自分がその立場になるのが、いつごろなのかも検討も付きません。

今は、介護サービスが充実してきて、その手の施設関係はいろいろあるんだなと、施設に関しては詳しい方もいるかもしれないですね。
テレビコマーシャルでも、よく見かけるようになりました。

続きを読む

介護保険の仕組み

介護保険とは高齢化社会をのりきるための、大変重要な制度です。
おおざっぱに言えば、40歳以上の人は全国民が加入することになります。
なんとなく暗くなりがちな介護に対して、家族という狭い枠の仲ではなく、社会的に取り組もうとする制度です。
精神的にも追い詰められることのある介護ですので、大切なことかと思います。

ニュースなどを見ると、介護保険の申請を市区町村にしたが、認定されず・・・というのも割りと見かけます。
まだまだ問題は多いのかもしれません。悲しいことにならないためにも、もっともっと良いものになっていくといいなと思います。
一度、介護に対しての認定がおりなかった場合は、都道府県に設置されている、不服申し立てのところへ再度、異議申し立てを出来ることになっています。

続きを読む

介護保険制度

介護保険といっても、どんなことを言うのでしょう。
もちろん、これからの高齢化社会のために必要な制度なのかな、くらいは思いつくのですが、どんなことをさして介護保険と呼ぶのでしょうか。

介護保険とは、それぞれの市区町村で管理されているようです。
それぞれの自治体で調べていくと分かりやすいかもしれませんね。
基本的なことは決まっていて、40歳以上の人が(40歳以上の国民全員ですね)強制的に(言葉は悪いですが、全員というところで、そうなりますよね)運営している公的社会保険制度のことなんです。
公的・・・ここがポイントでしょうか。
勝手に始めたりやめたりするのではなく、国が決めていることなんですよね。
もちろん、この介護保険は、ゆくゆく自分に少なからずかえってくるわけですが。
その自分自身が介護を必要とするときに、その時のために協力している仕組みといったほうがいいかもしれませんね。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。